トイレが詰まりやすい状態を解消!原因・対処・予防について解説|水漏れ修理お助け隊

水の詰まり、水漏れトラブルすぐ解決!24時間365日対応

通話無料 0120-360-412

トイレが詰まりやすい状態を解消!原因・対処・予防について解説

トイレが詰まりやすい状態を解消!原因・対処・予防について解説

トイレが詰まりやすいというお悩みを抱えている方は、詰まりの原因を知ることがお悩み解決の近道となります。なぜなら、トイレが詰まる原因によっては、自分で対処できる状態か、プロである業者への依頼が必要な状態かがわかるからです。このような判断を誤ってしまうと、詰まりを悪化させてしまうこともあります。

ここでは、トイレ詰まりの原因や対処法だけでなく、予防法もご紹介していきます。トイレが詰まりやすいというお悩みを解決するためにお役立てください。

トイレが詰まりやすい原因を知れば対処法が見えてくる

トイレが詰まりやすい原因はいくつかあり、原因や状態によっては、自分で対処するのが難しい場合もあります。まずは、トイレが詰まっている原因としてよくあるものをあげていきます。

トイレが詰まっている状態とは、便器から排水管につながる間にあるS字形の箇所に、何かが詰まっている状態です。通り口が細く曲がりくねっているS字形の箇所は、もともとものが詰まりやすい場所なのです。そこに、多量の排泄物やトイレットペーパー、生理ナプキンや紙おむつ、引っかかりやすい異物などが流れこむと、詰まりが発生します。

また、トイレを流す水の量が少ない場合、排泄物やトイレットペーパーなどを流す勢いが不足することで、詰まりの原因となります。そのため、流す水の量が少ない節水型トイレは、詰まりが発生しやすいといわれています。

ここまでは、トイレが詰まる原因を紹介してきました。そのなかで業者に依頼したほうがよい場合と、自分で対処してみる価値がある場合とはどんなときか、ここからご説明していきます。

業者に依頼したほうがよい場合

業者に依頼したほうがよい場合

トイレ詰まりの対処を業者に依頼したほうがよい場合は、トイレットペーパー以外のものが詰まりの原因となっている場合です。水に溶けない異物は、詰まりを解消させようとつっついたりすると、詰まりが悪化してしまうおそれがあります。そのため、専用の道具を使用し適切な処置ができる業者に対応を依頼したほうがよいです。

また、レバーやボタンで水を流そうとしても、まったく流れずに便器内の水がどんどんたまっていく場合も、詰まっている箇所で異物が身動きをとれない状態となっています。そのため、自力で詰まりを解消するのは難しいでしょう。

自分で対処してみる価値がある場合

自分でできる対処法で解消が期待できる場合とは、詰まりの原因が排泄物やトイレットペーパーとわかっている場合です。なぜなら、排泄物やトイレットペーパーは柔らかく水に溶けやすいため、自分でできる対処法でも、詰まっている箇所に刺激を与えやすいからです。

また、便器内の水が少しずつ流れていく場合は、完全に詰まっているわけではなく、少しは流れているということです。なので、流れやすい状態にしたり、詰まっている異物を動かしたりすることで詰まりを解消できる見込みがあります。

原因がわからない場合は

ここではトイレが詰まるおもな原因をご紹介してきました。しかし、どの原因にも心当たりがない場合は、自分で対処しないほうがよいでしょう。原因がはっきりしないと適切な対処法がわからず、誤った対処法で詰まりを悪化させてしまうかもしれません。詰まりの原因がわからない場合は、プロである業者に相談しましょう。

トイレの詰まり解消を業者に依頼する場合

トイレの詰まり解消を業者に依頼する必要があるときは、対応費用の相場や信頼できる業者の特徴を知っておきましょう。なぜなら、トイレ詰まりや水もれといった緊急性が高いトラブルでは、あせって適当な業者に依頼をしてしまう方もいらっしゃるからです。

業者のなかには、相場より高い料金を提示したり、実績や技術が確かでなかったりする業者もあります。きちんとトイレの詰まりを解消するために、対応費用の相場や、業者選びのポイントについてみていきましょう。

かかる費用の目安

かかる費用の目安

トイレ詰まりの解消を業者に依頼する場合、トイレットペーパーの詰まりのように作業が難しくない場合であれば、対応費用の相場は5,000円から10,000円程度です。しかし、詰まりの原因や作業の難易度によっては、さらに費用が高くなることもあります。

たとえば、高圧洗浄機を使用する場合や便器の着脱が必要な場合では、15,000円から45,000円前後となることもあり、ケースによって料金は大きく変動します。また、休日や夜間に対応を依頼する場合は一般的に、通常よりも料金が高くなります。

業者に作業を依頼する際には、想像より費用が高額になってしまうこともあるかもしれません。しかし、あとになって追加料金が発生しないよう、事前見積もりをとってもらってから作業を依頼するようにしましょう。

業者を選ぶ際に大切なポイント

トイレの詰まり解消を依頼する業者を選ぶ際には、ここでご紹介する3つのポイントを参考にしてください。

1つ目のポイントは、業者のホームページに十分な情報が掲載されているかです。たとえば、業者本部の所在地や連絡先、対応可能なエリア、料金についての説明などです。

これらの情報が十分に記載されていると、業者の信頼性や、サービス内容や料金がきちんと定められていることがわかります。また、業者の名前を検索する際に、実際に利用した方の評価やクチコミがあれば、参考として読んでみるとよいでしょう。

2つ目のポイントは、対応の早さです。トイレの詰まりは緊急性が高いトラブルなので、問い合わせから作業までに時間がかかりすぎてしまっては、それまで不便な思いをすることになります。また、対応の早さにくわえ、対応が丁寧だと安心して作業を依頼できます。

3つ目のポイントは、事前見積もりを提示してくれるかです。「かかる費用の目安」でもご紹介したとおり、トイレ詰まり解消にかかる費用は、ケースによって変動します。そのため、現場を見て見積もりを提示してもらい、追加料金が発生しないかを確認してから作業を依頼しましょう。

トイレ詰まりは弊社にご相談ください!

弊社は、トイレが詰まりやすいというトラブルに対応いたします。コールセンターが24時間ご相談を受け付けているので、曜日や時間を問わず相談できます。

ご相談をうけたら、弊社に加盟している実績・技術が確かな業者がご自宅にうかがい、現場を確認して事前見積もりをご提示します。見積もりについてご納得できてから、作業をご依頼いただく流れとなっています。トイレ詰まりでお困りの方は、ぜひ弊社にご相談ください。

トイレ詰まりを自分で対処する場合の方法

トイレが詰まりやすいというトラブルを自分で解決してみようという方は、ここでご紹介する方法を試してみてください。身近なものを使用する方法と、トイレ詰まり用の道具を使用する方法にわけてご紹介していきます。

身近なものを使用する方法

身近なものを使用する方法

身近なものを使用する方法としてもっとも手軽なのは、お湯を使う方法です。トイレットペーパーや排泄物は水温が高いと溶けやすいため、便器の吸い込み口に向かってお湯を注ぐと、詰まり解消が期待できます。熱湯は便器を痛めてしまうおそれがあるので、お湯の温度は40度から60度程度がよいです。

お湯を使う方法で効果がない場合は、お湯に重曹とお酢を加える方法があります。お湯に重曹とお酢を加えることで、トイレットペーパーや排泄物がより溶けやすくなります。しかし、この方法は炭酸ガスが発生するため、便器に水が多くたまっている場合は水があふれだすことがあります。この方法を試す際には、便器内の水量を調整してから行いましょう。

また、トイレを流す水の量が不足していて詰まりの原因となっている場合は、便器に多めの水を注ぐと流す勢いを高められます。バケツやペットボトルを使って、便器の吸い込み口に向かって勢いよく水を注ぎます。その際、便器から水があふれないよう気をつけてください。水が少しずつ排出されるのを確認しながら、詰まりが解消されるまで繰り返してください。

トイレ詰まりの道具を使用する方法

トイレ詰まりを解消する道具として、ラバーカップ(すっぽん)、真空式パイプクリーナー、ワイヤーブラシなどがあげられます。これらの商品は、ホームセンターやネット通販などで購入できるので、トイレ詰まりに備えて用意しておくのもよいでしょう。

ラバーカップと真空式パイプクリーナーは、便器にある程度の水をため、排水口に吸引カップを押しあてて使います。そして、勢いよく引き上げることで、水と一緒に詰まっているものが動き、詰まりが解消します。ラバーカップには和式用と洋式用があるので、購入する際にはご自宅のトイレにあうものを選ぶようにしましょう。

ワイヤーブラシは、細長い金属ワイヤーの先にブラシがついているものです。ワイヤーを便器の排水口の奥に差し込んで動かすことで、ブラシが詰まりとなっているものを動かしたりかき出したりする効果があります。

また、詰まりの原因が尿石であれば尿石を分解する薬剤を使用したり、高額ではありますが高圧洗浄機を使用したりして詰まりを解消する方法もあります。

自分で対処してもダメだった場合は

自分でできる対処法を試してみても詰まりが解消できない場合は、業者に対応を依頼したほうがよいでしょう。自分でさらに違う方法を試すより、業者に依頼し対応してもらったほうが、結果的に早く詰まりを解消できるかもしれません。

トイレ詰まりを予防するために気をつけること

ここでは、トイレ詰まり予防のために気をつけることをご紹介していきます。特別な道具は使用する必要はなく、トイレの使いかたに気をつければよいことなので、ぜひ実践してみてください。

1回で流す量を少なくする

1回で流す量を少なくする

便器から排水管につながる箇所はもともと詰まりやすいS字型の構造をしているため、いちどに多量の排泄物やトイレットペーパーを流すと、詰まりやすいです。そのため、いちどに流す量に気をつけましょう。

流す水量を多くする

流す水の量が少ないと、トイレが詰まりやすい原因となります。トイレレバーで水量を「大」か「小」で洗濯できるなら、「大」で流すとよいでしょう。また、節水型トイレでは水量が少なく設定されているため、取扱説明書にしたがって水量を調整してみましょう。

異物を落とさないよう注意する

トイレに落としやすい異物として、携帯電話、ペン、手帳などがあげられます。これらの異物を流して詰まってしまうと、自分で対応するのが難しいので、普段から落とさないように気をつけてください。

気をつけていても詰まってしまった場合は

ここでご紹介したことに気をつけていても、トイレが詰まってしまうこともあるでしょう。その際には、自分でできる対処法を試してみてください。しかし、解決できないときには業者に対応を依頼することをおすすめします。トイレの詰まりは緊急性が高いトラブルなので、業者に相談しすぐに対応してもらうことで、早く解決できるかもしれません。

お困りのトラブルは?

よくあるご質問

Qクレジットカードでの支払いは可能ですか?

A各種クレジットカード払いに対応しております。 ※手数料がかかる場合がございます。 ※一部エリアによりカードが使えない場合がございます。

Qお電話で料金を教えていただけますか?

A受付時にお申し付けいただければ、お電話でだいたいの料金をお伝えすることもできます。ただし、最終的な見積りとは異なる場合がございますのでご了承ください。

Qどのような料金が発生するのですか?

A水漏れ修理お助け隊ではお見積り時に提示する料金以外を請求することはございません。 ※対応エリアや現場状況により、事前にお客様に確認をしたうえで、現地調査・お見積りの料金をいただく場合がございます。

Q料金の支払い方法を教えてください。

A料金は現金でのお支払いのほか、クレジットでのお支払いや銀行振り込みにも対応しております。ただし、現地スタッフによってお支払い方法が変わることもございますので、詳しくは直接お問合せください。

よくあるご質問一覧

最新情報

最新情報一覧

対応エリア

日本全国どこでも駆けつけます!

水漏れ修理お助け隊では日本全国からの水トラブルのご相談を承っております。
北は北海道、南は沖縄まで、さまざまな場所でお困りのお客様のもとへ専門の加盟店スタッフが迅速に駆けつけます。

北海道
東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州地方・沖縄

お支払いは現金、

またはカード・振込に対応

クレジットカード種類

※手数料がかかる場合がございます。

※一部エリアによりカードが使えない場合がございます。

まずはトラブル状況をお伝えください。

通話
無料
0120-360-412