【浴槽の水漏れ】原因の探し方と自分で修理する方法を解説します|水漏れ修理お助け隊

水の詰まり、水漏れトラブルすぐ解決!24時間365日対応

通話無料 0120-360-412

【浴槽の水漏れ】原因の探し方と自分で修理する方法を解説します

【浴槽の水漏れ】原因の探し方と自分で修理する方法を解説します

浴槽の水漏れに気づいたら、水漏れしている箇所を特定し、すぐに対応する必要があります。放置すると、家全体に被害が拡大するおそれがあるのです。

浴槽の水漏れの原因はいくつかあり、それぞれ修理方法が異なります。今回は、水漏れの原因とその特定方法、修理方法についてご紹介します。自分で対応できないものもありますので、できる場合は自分で、困難な場合は業者に依頼して、すぐに対応しましょう。

浴槽の水漏れで多い原因は4つ!

浴槽の水漏れの原因は主に、浴槽のひび割れ、排水口部分の不具合、給排水口の劣化、排水管の水漏れの4つです。浴槽からの水漏れを放置すると、場合によっては家屋の劣化にもつながるため、原因を特定してすぐに対応する必要があります。まずはそれぞれの原因について具体的に見ていきましょう。

原因1.浴槽のひび割れ

原因1.浴槽のひび割れ

まずは、浴槽のひび割れです。浴槽の多くはFRP製で、10年~20年、またはそれ以上使っていると、どうしても劣化していきます。劣化した浴槽は強度が低下し、割れやすくなってしまうのです。浴槽がひび割れた場合、補修も可能ですがあくまで応急処置にしかなりません。ひび割れが出たら交換するようにしましょう。

原因2.排水口部分の不具合

排水口の部分も水漏れの原因となりやすい部分です。ヘアキャッチャーがずれていてゴム栓がしっかりはまっていない、という場合もありますが、ゴム栓や排水口自体が劣化して漏れていることも多いでしょう。この場合は、部品の交換で直るケースがほとんどです。

原因3.給排水口の劣化

浴槽と給湯器をつなぐ給排水口から水漏れする場合もあります。こちらは劣化したパッキンが水漏れの原因である場合は、パッキンの交換で対応できるでしょう。

ただし、給湯器は電気やガスを扱う精密機器であるため、給湯器側や途中の配管などが原因で水漏れを起こしている場合は、自分での修理は困難です。感電や爆発事故のおそれもあるため、必ず業者に依頼するようにしましょう。

原因4.排水管の水漏れ

もうひとつは排水管からの水漏れです。浴槽の排水口から伸びる排水管のどこかが、経年劣化や地震による歪みなどで水漏れを起こす場合があります。この場合、浴室にとどまらず、床下にまで水が漏れている可能性もあります。

床下に水漏れしていた場合、湿気やカビによって床や柱が腐食し、家屋全体に被害がおよぶおそれがあります。すぐに対処する必要があるうえ、自分での修理も困難です。被害が拡大する前に、業者に依頼して修理してもらいましょう。

浴槽の水漏れ箇所を突き止めて修理する方法

浴槽の水漏れは家屋全体に被害がおよぶおそれもあるため、水漏れに気づいたらまずはどこからの水漏れなのかを把握する必要があります。ここでは浴槽の水漏れの原因となっている箇所を突き止める方法と、修理方法をご紹介します。

浴槽の水漏れ箇所の探し方

浴槽の水漏れ箇所の探し方

浴槽の水漏れ箇所を探すには、まず浴槽に水を溜め、水の様子を観察しましょう。水を入れたらスポンジなどのできるだけ軽く、水に浮くものを入れます。しばらく待っていると浮かべたものが水漏れ箇所に向かって流れていくはずです。

水が減って途中で止まれば、浮かべたものがある位置が水漏れの原因箇所ということになります。給排水口付近で止まれば給排水口か給排水管、それ以外なら浴槽の側面のひび割れ。完全に水がなくなる場合は排水口や排水管、浴槽の底面からの水漏れである可能性が高いです。ひび割れの場所も、浮かべたものの位置である程度特定できるでしょう。

1.浴槽にひび割れを起こしているときの修理方法

浴槽のひび割れが原因の場合は業者に依頼して浴槽を交換するのが賢明です。浴槽がひび割れている場合、根本的な原因は浴槽の経年劣化であることがほとんどです。劣化した浴槽は割れやすくなっているため、一時的に補修してもほかの部分が割れてしまう可能性が高いのです。

また、浴槽の多くはガラス繊維で強化したFRPというプラスチック素材が使われています。FRPの補修は、下地づくりや上塗り、積層、塗装など、ある程度の技術が必要です。さらに、ガラス繊維を扱う際には健康被害を防ぐため、防塵マスクの着用や皮膚の保護も必要です。そのため、FRPの補修は業者に依頼したほうがよいのです。

ひび割れの応急処置には、浴槽用の仮補修テープを使うとよいでしょう。これはホームセンターや通販で、1,000円以下で購入することができます。緊急の場合は、耐水性のあるテープや水中ボンドで代用も可能です。

テープを貼る面の汚れを落とし、ひび割れを完全にテープで覆いましょう。ただしこれはあくまで応急処置ですので、早めに浴槽を交換することをおすすめします。

2.排水口で起きている不具合の修理方法

排水口が水漏れの原因となっている場合は、部品を取り外し、洗浄して付け直してみましょう。それでも直らない、またはゴム栓が劣化してひび割れている場合は部品の交換が必要です。

部品はホームセンターなどで購入できるものもありますが、浴槽にしっかり適合する部品を選ぶ必要があります。これを間違えると無駄な出費になってしまうため、浴槽メーカーや業者に問い合わせて確認するようにしましょう。

3.給排水口が劣化しているときの修理方法

給排水口が劣化して水漏れしている場合はパッキンなどの部品の交換が必要です。この場合も、適合する部品を確認してから購入しましょう。

なお、排水管や給湯器から水漏れしている場合、電気やガスを扱うため危険がともないます。この場合の部品の調達や作業は自分では難しいため、無理せず業者に依頼するようにしましょう。

浴槽の水漏れ修理を依頼したらいくらかかる?

排水口、給排水口が浴槽の水漏れの原因である場合は自分でも簡単に対応できますが、浴槽のひび割れ、排水管からの水漏れの場合は業者に依頼するようにしましょう。

そこで気になるのが修理費用です。ここでは浴槽の水漏れ修理を業者に依頼した場合の費用相場をご紹介します。

浴槽のひび割れ修理費用の相場

浴槽のひび割れ修理費用の相場

浴槽のひび割れ修理は一般的にFRPライニングという、新たなFRPでひび割れを覆う方法でおこなわれます。費用はひびの大きさによって異なるほか、FRPは必要な強度に合わせて厚みが変わるため、底面か側面かによっても費用に差が出てきます。

ひび割れの補修は、基本的にリフォーム業者に依頼することになります。業者によって費用の算出方法が異なりますが、ひびの長さが30cmほどであれば50,000円ほどで修理できる場合が多いようです。修理後の全体の塗装も含めると100,000円以上になる場合もあるようです。

排水管の水漏れ修理費用の相場

排水口、給排水口のゴム栓やパッキンであれば、自分で直すことも可能です。しかし、ゴム栓やパッキンを受ける金具が劣化していたり、配管との接続部から水漏れしている場合は浴槽の裏側から交換しなければならないため、水漏れ修理業者に依頼することになります。

費用については、どの部分から漏れているかなど、状態によって異なるため一概にはいえません。もし排水口、給排水口のパッキンなどを交換しても水漏れが直らない場合は、水漏れ修理業者に点検・調査をお願いしましょう。

弊社では多くの水漏れ修理業者の中から、トラブルの内容や要望に沿う業者をご紹介いたしております。お問い合わせ、現地調査、見積りまで無料でおこなっております。より早く確実にトラブルを解決するため、まずはお気軽にお問い合わせください。

お困りのトラブルは?

よくあるご質問

Qクレジットカードでの支払いは可能ですか?

A各種クレジットカード払いに対応しております。 ※手数料がかかる場合がございます。 ※一部エリアによりカードが使えない場合がございます。

Qお電話で料金を教えていただけますか?

A受付時にお申し付けいただければ、お電話でだいたいの料金をお伝えすることもできます。ただし、最終的な見積りとは異なる場合がございますのでご了承ください。

Qどのような料金が発生するのですか?

A水漏れ修理お助け隊ではお見積り時に提示する料金以外を請求することはございません。 ※対応エリアや現場状況により、事前にお客様に確認をしたうえで、現地調査・お見積りの料金をいただく場合がございます。

Q料金の支払い方法を教えてください。

A料金は現金でのお支払いのほか、クレジットでのお支払いや銀行振り込みにも対応しております。ただし、現地スタッフによってお支払い方法が変わることもございますので、詳しくは直接お問合せください。

よくあるご質問一覧

最新情報

最新情報一覧

対応エリア

日本全国どこでも駆けつけます!

水漏れ修理お助け隊では日本全国からの水トラブルのご相談を承っております。
北は北海道、南は沖縄まで、さまざまな場所でお困りのお客様のもとへ専門の加盟店スタッフが迅速に駆けつけます。

北海道
東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州地方・沖縄

各種クレジットカード、
現金がご利用いただけます

クレジットカードロゴ

※手数料がかかる場合がございます。※一部エリアによりカードが使えない場合がございます。

まずはトラブル状況をお伝えください。

通話
無料
0120-360-412