蛇口のがたつきの原因と修理方法をご紹介!交換が推奨されるケースも|水漏れ修理お助け隊

水の詰まり、水漏れトラブルすぐ解決!24時間365日対応

通話無料 0120-360-412

蛇口のがたつきの原因と修理方法をご紹介!交換が推奨されるケースも

蛇口のがたつきの原因と修理方法をご紹介!交換が推奨されるケースも

キッチンの蛇口にがたつきがあったり、ぐらぐらしたりするときは、放置せず早めに修理をおこないましょう。

蛇口のがたつきを放置していると振動などですき間ができ、そこから水漏れするようになってしまいます。水漏れがひどくなると壁や床まで濡れてしまうおそれもあるのです。

まずはご自宅のキッチンの蛇口タイプを確認して、自分で蛇口のがたつきを直すことができるかチェックしてみましょう。また当記事では、蛇口を交換したほうがよいケースについても解説します。ぜひ最後までご覧ください。

自分でキッチンの蛇口のがたつきを直せるかチェック!

まずは今使用している蛇口のタイプを確認しましょう。以下のようなタイプの蛇口であれば、自分で修理することができます。

  • 本体にビスがある蛇口
  • シンク下から固定されている蛇口

このようなタイプの蛇口を使用している方は、「キッチンの蛇口のがたつきが起こる原因と修理方法」の内容を参考に修理をおこなってみてください。

本体やシンク下にビスやナットがない場合は、台座にビスがある「上面施工タイプ」の蛇口です。このタイプの蛇口は自分で修理することが難しいため、業者に依頼することをおすすめします。その理由については以下をご覧ください。

上面施工タイプはDIY修理が難しい

上面施工タイプはDIY修理が難しい

上面施工タイプの蛇口は、シンクやカウンターに台座を取り付け、そこに本体を取り付けて固定するタイプの蛇口です。このタイプの蛇口は、本体を固定するビスが台座にあるため、修理をするときはいちど蛇口を取り外す必要があります。

このタイプの蛇口も自分で修理することは可能ですが、蛇口を取り外すときに給水管から水漏れするおそれもあるので、できる限り業者に依頼することをおすすめします。

蛇口の修理ができる業者をお探しなら、水漏れ修理業者をご紹介している弊社にご相談ください。お電話でのご相談は24時間365日承っておりますので、急な水漏れや深夜早朝の水漏れなどで困ったときにもご利用いただけます。

キッチンの蛇口のがたつきが起こる原因と修理方法

ここからはキッチンの蛇口のがたつき原因と修理方法を見ていきましょう。キッチンの蛇口のがたつきが起こる原因はおもに2つあります。

  • 蛇口本体のビスの緩み
  • シンク下のナットの緩み

以下では、原因別に蛇口のがたつきの修理方法をご紹介していきますので、ぜひお役立てください。

蛇口修理に必要なもの

蛇口修理に必要なもの

蛇口の修理に必要なものは以下のとおりです。これらはホームセンターで購入することができます。

  • つまようじなど先が細いもの
  • 六角レンチ
  • スパナ

ビスの緩みの修理方法

まずは本体のビスの緩みを修理していきましょう。おこなう作業は以下の3つです。

1.蛇口本体の下にある丸いキャップを外す

蛇口本体をよく見ると根本の近くに丸いキャップがあります。この中にビスが隠れているので、つまようじなど先が細いものでキャップを取り外しましょう。

2.ビスを六角レンチで締める

キャップを取り外してビスを確認したら、六角レンチでビスを締め直します。

3.がたつきが直ったか確認

ビスを締めたら蛇口を触ってがたつきが直ったか確認しましょう。

ナットの緩みの修理方法

シンク下から固定されている蛇口は、シンク下に蛇口を固定するためのナットがついています。また本体のビスを締めてもがたつきが直らない場合は、シンク下に固定用ナットがついていることがあるので、いちど確認してみましょう。

シンク下のナットの緩みは、スパナや六角レンチで締め直すのが基本です。しかし蛇口の種類によって異なることがあるので、作業するときは取り扱い説明書に従うようにしましょう。

困ったときは業者に相談!

ここまでご紹介したように、蛇口のがたつきは基本的に自分で直すことができます。しかし場合によってはシンク下に潜り込んで作業しなければなりません。慣れない作業を無理な体勢で長時間続けるのはとても大変でしょう。またビスを締め直したのにがたつきが直らないといったトラブルも考えられます。

このように蛇口修理で困ったときは無理せず業者に依頼するのがおすすめです。業者に依頼すれば自分でおこなうよりも早く確実に修理が進みますし、無理な体勢による負担もありません。

弊社では水漏れ修理業者をご紹介するサービスをおこなっております。お問い合わせのお電話は無料ですので、「まずは相談したい」という方も安心してご利用ください。

蛇口の交換を検討したほうがよいケース

ここまでキッチンの蛇口のがたつき修理方法をご紹介しましたが、中には蛇口を交換したほうがよいケースもあります。それは以下のようなケースです。

・耐用年数を超えている
蛇口の耐用年数は約10年とされています。10年を超えると、部品を交換して修理しても、再び水漏れするおそれが高くなります。また修理代のほうが高くつくこともあるので、交換がおすすめです。

・部品の調達が難しい
メーカーは次々に新製品を開発するため、古いモデルの部品は年数がたつに連れて調達しづらくなっていきます。「最近部品を売っているところが少ないなあ」と感じているなら、完全に販売を終了してしまう前に、交換を検討したほうがよいでしょう。

・修理してもがたつきが続く
「修理してもがたつきが直らない」「よく水漏れする」などの症状がある場合は、蛇口そのものが劣化しているかもしれません。このような場合は、部分的に修理するよりも思い切って交換したほうが、費用的にも安く済むことが多いです。

蛇口を交換するときは今使用している蛇口と同じタイプのものを選ぶのが基本となります。これをふまえて、以下ではキッチンでよく使用される蛇口の種類をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

シングルレバー混合水栓

シングルレバー混合水栓

キッチンでよく使われる、ひとつの蛇口で水とお湯を使い分けられる「混合水栓」に、レバーがついた蛇口です。レバーを操作するだけで水量や温度を調節できます。

ツーハンドル混合水栓

キッチンでよく使われる、ひとつの蛇口で水とお湯を使い分けられる「混合水栓」に、水とお湯それぞれのハンドルがついた蛇口です。それぞれの水量や温度の調節はそれぞれのハンドルを回しておこないます。

蛇口の交換は業者依頼が確実!

自分で蛇口の交換をしようとすると、部品の調達から古い蛇口の取り外し、新しい蛇口の取り付けまですべてひとりでおこなわなければなりません。また確実に取り付けないと水漏れするおそれもあります。これはDIYに慣れている方であってもなかなか大変な作業です。そのため蛇口の交換工事は業者依頼をおすすめします。

弊社にお電話いただければ、加盟店の中から蛇口の修理・交換ができる業者をご紹介いたします。ご紹介する業者はお客様のご希望をうかがったうえでお探しいたしますので、安心してご相談ください。

【記載内容はコンテンツ作成時の情報です】

お困りのトラブルは?

よくあるご質問

Qクレジットカードでの支払いは可能ですか?

A各種クレジットカード払いに対応しております。 ※手数料がかかる場合がございます。 ※一部エリアによりカードが使えない場合がございます。

Qお電話で料金を教えていただけますか?

A受付時にお申し付けいただければ、お電話でだいたいの料金をお伝えすることもできます。ただし、最終的な見積りとは異なる場合がございますのでご了承ください。

Qどのような料金が発生するのですか?

A水漏れ修理お助け隊ではお見積り時に提示する料金以外を請求することはございません。 ※対応エリアや現場状況により、事前にお客様に確認をしたうえで、現地調査・お見積りの料金をいただく場合がございます。

Q料金の支払い方法を教えてください。

A料金は現金でのお支払いのほか、クレジットでのお支払いや銀行振り込みにも対応しております。ただし、現地スタッフによってお支払い方法が変わることもございますので、詳しくは直接お問合せください。

よくあるご質問一覧

最新情報

最新情報一覧

対応エリア

日本全国どこでも駆けつけます!

水漏れ修理お助け隊では日本全国からの水トラブルのご相談を承っております。
北は北海道、南は沖縄まで、さまざまな場所でお困りのお客様のもとへ専門の加盟店スタッフが迅速に駆けつけます。

北海道
東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州地方・沖縄

各種クレジットカード、
現金がご利用いただけます

クレジットカードロゴ

※手数料がかかる場合がございます。※一部エリアによりカードが使えない場合がございます。

まずはトラブル状況をお伝えください。

通話
無料
0120-360-412