洗面台の排水管接続の方法!排水金具の選び方から交換までを徹底解説|水漏れ修理お助け隊

水の詰まり、水漏れトラブルすぐ解決!24時間365日対応

通話無料 0120-360-412

洗面台の排水管接続の方法!排水金具の選び方から交換までを徹底解説

洗面台の排水管接続の方法!排水金具の選び方から交換までを徹底解説

洗面台から水漏れや悪臭などのトラブルが起きた場合、排水管が原因となっているかもしれません。排水管の劣化や故障により、上記のようなトラブルが起きることがあるのです。

トラブルが発生したら、新しいものに交換をしましょう。排水管は自分で付け替えることも可能です。しかし洗面所に限らず、配管の交換は作業スペースが狭いこともあり、慣れない人には難しいかもしれません。ほかの配管を傷つけないように、注意も必要です。

この記事では洗面台の排水管を接続する方法についてご紹介します。排水管で起こりやすいトラブルについてもまとめてみました。この記事を読んで、自分で作業をすることが可能かを判断してみてください。自分で作業をおこなうことが難しいと判断した場合は、業者に依頼するとよいでしょう。

洗面台の排水管を接続する手順

自分で洗面台の排水管を接続するために、手順や必要な道具について理解しておきましょう。

ステップ1:排水金具(排水管)と必要なものを準備する

ステップ1:排水金具(排水管)と必要なものを準備する

排水管を接続するためには、必要な道具や部品を用意する必要があります。用意するものについてご紹介します。

  1. 排水管(S字など)
  2. ナット
  3. モンキーレンチ
  4. 雑巾・タオル
  5. バケツ

洗面所にはS字などに曲がった排水管が使われていることが多いです。これは曲がった部分に水が溜まることにより、下水管から悪臭が上がってこないようにするためです。

排水管には鉄製とブラスチック製があります。洗面台の高さに合わせて排水管を切り、長さ調整する必要があるため、プラスチック製のほうが扱いやすいでしょう。

排水管を選ぶときには、外径をしっかりと確認しましょう。外径が合わないものでは取り付けることができません。排水管はホームセンターなどに売られています。自分で外径を測るなどができない場合は、今設置されているものをお店に持参し、店員さんに確認するとよいでしょう。

モンキーレンチは、排水管の接続部につけられているナットを取り外すときに使用します。排水管のつなぎ目には、ゴム製のパッキンが使われています。パッキンの劣化も水漏れ原因となるので、定期的に取り換えをするとよいでしょう。

ステップ2:洗面台の排水管を接続する手順について確認しよう

排水管を接続する手順を確認しながら作業をおこないましょう。

・排水管を取り外す
モンキーレンチを使って、排水管のつなぎ目にあるナットを取り外していきます。はじめにS字などに曲がっている部分のナットを取り外します。次に洗面台の下のナットも取り外します。このとき、洗面台から排水栓を押さえて固定しながらナットを回すようにすると取り外しやすいでしょう。

排水管の中には水が溜まっています。そのため、床が水浸しになることを防ぐために、バケツなどを排水管の下に設置して取り外しをおこないましょう。

・新しい排水管を設置する
排水管を設置する前に、排水管の長さを確認します。新しく購入した排水管は少し長めのものが多いので、長さを切って調整する必要があります。

排水管は上側から取り付け、次にS字などの曲がっている部分を取り付けます。接続部分についているパッキンも交換し、モンキーレンチを使ってナットを閉めて固定します。

・動作確認をおこなう
設置が完了したら水を流し、水漏れしないかどうか確認しましょう。交換してもトラブルが解消されない場合は、排水管以外の原因が考えられます。

配管の交換は自分でおこなうことが可能です。しかし洗面台に限らず、排水管は狭い場所での作業となるため、素人には難しく感じるかもしれません。ほかの配管を傷つけないように注意も必要です。

自分で作業をおこなうことに不安がある場合は、業者に依頼してみてはいかがでしょうか。弊社であればご依頼前のご相談も受け付けております。お気軽にお電話ください。

洗面台・洗面器で起こりやすいトラブル一覧

水回りで起こるトラブルにはさまざまなものがあり、原因や対処法も異なります。トラブルによっては排水管の交換が必要とも限りません。適切な対応をするため、洗面台や洗面器で起こりやすいトラブルについてみていきましょう。

排水管からの水漏れ

排水管からの水漏れ

排水管から水漏れが発生しているときの原因として、破損や経年劣化が考えられます。ほかにも、排水管の接続部分に設置されているナットの緩みや、パッキンが劣化することにより水漏れが起こるおそれがあります。

ナットの緩みであればナットを閉め直すだけで水漏れは改善するでしょう。ナットを閉め直しても水漏れが止まらないのであれば、パッキンや排水管が原因と考えられるため、修理や交換が必要です。

悪臭

排水管に汚れがつまっていると、悪臭が発生することがあります。また、排水管の曲がっている部分に水が溜まっていないと、下水管から悪臭が上がってくることあるのです。これは、排水管が破損していたり、つなぎ目に隙間があったりすると起こりやすくなります。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

洗面所のにおいの原因は排水口や配管から!日ごろのお掃除で悪臭対策

つまりによる排水不良

排水口や排水管のつまりが原因で、水が流れないことがあります。排水口の詰まりが原因であれば、付着しているゴミを取り除きましょう。パイプクリーナーやラバーカップを使用することも効果的です。

今すぐトラブルを解消するためには

洗面台や洗面器で起こりやすいトラブルは、原因や対処法が異なります。対処をしてもトラブルが改善されなければ、別のところにも原因があるかもしれません。無理に自分で作業をするとトラブルが悪化するおそれもあるので、確実に解決するためには業者に依頼することがおすすめです。業者であれば知識や実績があるため、確実に対処してくれることでしょう。

弊社であれば水回りに関するお悩みにいつでもお応えできるよう、24時間お電話を受け付けております。お気軽にご相談ください。

配水管の交換時期や形状の理由を知っておこう!

排水管の寿命はどれくらいか知っていますか?排水管のトラブルを未然に防ぐためには、排水管の寿命についても知っておくとよいでしょう。

排水管の寿命はどれくらい?

排水管の寿命はどれくらい?

排水管の交換するタイミングは、経年劣化しているときや故障しているときです。排水管の寿命は10年前後といわれています。

何年も使っていると経年劣化が進むため、交換したほうがよいでしょう。使用年数が短いとしても、穴やヒビ割れ、つなぎ目などから水漏れが起きているなど、排水管が破損している場合などは交換したほうがよいといえます。

また、鉄製の排水管にはサビが付着することがあります。今はトラブルが起こっていないとしても、サビが付着していたら交換したほうがよいでしょう。

今はまだ異常がなく使用できていたとしても、10年を超えて使用していると、突然水漏れなどのトラブルが発生するおそれがあります。排水管の使用年数はどれくらいなのか、状態がどうなっているかを確認し、交換が必要かどうか判断しましょう。

排水管の形状の理由とは

洗面台にはS字に曲がった排水管以外にも、U字やP字のように曲がっているものが使用されていることが多いです。これは曲がった部分に水が溜まることにより、下水管から悪臭が上がってこないようにするためなのです。

排水管には悪臭のほかにも、水漏れや詰まりなどのトラブルが起きるおそれがあります。洗面台の排水管だけではなく、水回りのトラブルでお困りのことがあれば弊社へご相談ください。現地調査や見積りも無料で対応しております。ご相談いただいたうえでご要望に合った業者を紹介いたします。ぜひお気軽にお電話ください。

お困りのトラブルは?

よくあるご質問

Qクレジットカードでの支払いは可能ですか?

A各種クレジットカード払いに対応しております。 ※手数料がかかる場合がございます。 ※一部エリアによりカードが使えない場合がございます。

Qお電話で料金を教えていただけますか?

A受付時にお申し付けいただければ、お電話でだいたいの料金をお伝えすることもできます。ただし、最終的な見積りとは異なる場合がございますのでご了承ください。

Qどのような料金が発生するのですか?

A水漏れ修理お助け隊ではお見積り時に提示する料金以外を請求することはございません。 ※対応エリアや現場状況により、事前にお客様に確認をしたうえで、現地調査・お見積りの料金をいただく場合がございます。

Q料金の支払い方法を教えてください。

A料金は現金でのお支払いのほか、クレジットでのお支払いや銀行振り込みにも対応しております。ただし、現地スタッフによってお支払い方法が変わることもございますので、詳しくは直接お問合せください。

よくあるご質問一覧

最新情報

最新情報一覧

対応エリア

日本全国どこでも駆けつけます!

水漏れ修理お助け隊では日本全国からの水トラブルのご相談を承っております。
北は北海道、南は沖縄まで、さまざまな場所でお困りのお客様のもとへ専門の加盟店スタッフが迅速に駆けつけます。

北海道
東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州地方・沖縄

各種クレジットカード、
現金がご利用いただけます

クレジットカードロゴ

※手数料がかかる場合がございます。※一部エリアによりカードが使えない場合がございます。

まずはトラブル状況をお伝えください。

通話
無料
0120-360-412